遠吠え

2014年07月14日

犬の夜鳴き(遠吠え)に柴胡加竜骨牡蛎湯 4

140714_1402571←柴犬の老犬景正くんに飲ませている
柴胡加竜骨牡蠣湯です。
(さいこかりゅうこつぼれいとう)
上記をクリックするとツムラ漢方のサイトが
表示されますが、景正くんに飲ませている
左画像のは漢方薬局さんで購入している
ものなので生薬を粉末にしたものです。

ツムラ漢方のはエキスなので
効果はわかりませんが、手に入りやすいです。

景正くんに飲ませている理由は、脳障害からくる
痙攣発作をおさえるために神経を落ち着かせる目的で
飲ませています。景正くんの現在の吠えは痛みによる
吠えなので痛み止めには大三七五散を飲ませています。
この2つを飲ませることでやっと眠るようになりました。

漢方薬局さんで上の柴胡加竜骨牡蠣湯
犬の夜鳴きに飲ませている方がいるとききました。
飲ませているというのですから、定期的に購入しているのだと思います。
効果があるかどうかはわかりませんが、なかなか眠らない景正くんが
痛みがなくなれば5時間寝るので精神の高ぶりを抑えているのは
確かだと思います。柴犬は・・・・頑固で真面目でいつも本気の
犬なのでハイテンションな犬種だと思います。
そんな犬が高齢になると更に頑固になり更に真面目になるため
いつも気が張っている状態なのかもしれません。

痛みや痒みなどがないなら、これだけでも寝ると思います。
この画像の漢方薬は 【 和漢薬馬場香嶺堂薬局 】さんで
1袋500円で購入できます。景正くんの場合は、症状を話し
相談した上でコレをすすめられました。
痛み止めの“ 大三七五散 ”については別途記事を書きますが、
景正くんの症状にあわせて調合していただいた煎じ薬のなので
1日約600円です。上の画像のような小袋入りの漢方薬は
1袋どれでも500円です。ヒトだとだいたい1週間分ぐらいですが、
犬だと1ヶ月近くもちます。続きを読む

kage_masa at 15:02コメント(5)トラックバック(0) 

2013年12月14日

1年前、長野県の飯田保健所にいた認知症の柴犬の今、、 4



午前4時30分頃の動画です。
この動きは起きている間、約6時間続きます。
休憩しながらですが、、景正くんは庭を歩いたり、
小走りで駆けたりしています。徘徊かと思っていた頃もありましたが、
動画をみるとわかるように徘徊ではなく、ちゃんと考えて動いています。
疲れて眠くなると動きが悪くなるので、狭い所から出られなくなったり、
上手く立ち上がることができなかったりするので、
時々「ウ”ォ~!ウ”--!/助けて!来て!」と呼ばれることがありますが、
以前のように遠吠えや要求吠えがなくなりました。
時々「ウ”ゥゥ、、、」と小さな声で困っていることを
表現しますが、黙々と庭をパトロールしています。
そして、眠くなると口をクチャクチャしてあくびをします。
これを何回かしたら、部屋に入ってきてベッドの横に来て
ベッドに顔をのせます。これはベッドで寝たいという合図です。
131204_022846←夜はtomoと猫のはるちゃんと
一緒に寝ています。最初の30分は
腕枕をして抱いていないと寝ません。
抱いて寝ると安心するようで、
5分ぐらいで寝息をたてて寝てしまいます。
(景正くんの足元の黒い塊は猫のはるちゃんです。)

131204_164158←最近、仮眠程度の時は、
長座布団で寝るようになりました。
お気に入りの場所とお気に入りの
長座布団があります。
普通の犬のようになるまで
10ヶ月かかりました。
毎日、景正くんは頑張っています。
日々、進化しています。本当は進歩って
言うのかもしれませんが、老犬なので
退歩する部分が多いため、これは進化なんだと思います。

保健所から「排泄物を踏みつけます。壁に向かって何か言っています。」と
認知症を指摘され、失禁は改善しないと諦めていました。
認知症を改善したいと色々試しています。
夜間の失禁は治らないと諦めていただけに
景正くんの努力には驚いています。

和犬は真面目で努力家です。本当に頑張っています。
諦めずに毎日一緒に頑張った甲斐がありました。
だからこそ長生きして欲しいと思い一緒に寝ています。

まだ一度もしっぽをふってもらったことはありません。
でも、2ヶ月前頃から甘えるようになりました。

動画では服を着ていますが、寝る時は基本脱がせます。
犬に服は必要ないと思っていました。
でも、景正くんは服を着ると安心するようなので
11月末頃から寝る時以外服を着せています。
12月からは一緒に寝るようにしました。
理由は、1年前の出来事を思い出すようなので・・・。続きを読む

kage_masa at 07:15コメント(0)トラックバック(0) 

2013年04月22日

老犬の認知症&発情期による夜鳴きと遠吠え対策 1

130422_0008391 - コピー←被害犬ブルドッグNさん。
「はぁ、もう限界です。
寝てください。お願いします。
寝させてください・・・・。」
午前0時08分。


公園で仲良しになった当時8ヶ月の雌のブルドッグです。
優しくて賢いうら若き乙女です。そんな彼女を
4月21日に1泊2日で預かりました。
丁度この頃、景正くんが近所の発情期の雌に
反応し、遠吠えがひどく困っていたので、
避妊しているとはいえ、雌犬なので一緒にいれば
少しは落ち着くかとも思ったのですが・・・・。
Nさんには可哀想なことをしました。続きを読む

kage_masa at 00:00コメント(0)トラックバック(0) 
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 犬の輸血と献血
  • 犬の輸血と献血
  • 犬の輸血と献血
  • 犬の輸血と献血
  • 犬の輸血と献血
  • 犬の輸血と献血
  • 犬の輸血と献血
  • 犬の輸血と献血
  • 【訃報】柴犬景正の友達フレンチブルのべこちゃん


<$HeadSectionCommon$>