脳出血

2014年07月14日

認知症ではなかった・・・脳腫瘍疑い(終末期医療) 2

景正くんを保健所から譲り受ける時、“ 認知症 ”だと言われ、
認知症改善のために試行錯誤して認知症を改善し、
認知レベルも上げました。
そして、脳血管障害の後遺症だと思っていた
右側の麻痺を改善しようと鍼を受け、漢方薬も飲ませました。

その結果、感覚が良くなったことにより痛みに対しても
感覚が良くなったらしく痛みで吠えるようになりました。
今の景正くんの症状とオーリングテストの結果から
“ 脳腫瘍 ”ではないかという結論に達しました。

あくまでも【 脳腫瘍疑い 】ですが、連続で吠え続けること、
その吠え方が尋常ではないことを考えると
脳腫瘍としか思えません。

脳梗塞や脳出血の方がまだ良かった・・・・。
MRIをどうするか・・・・週末daiと飼育係(tomo)は
話し合い、喧嘩ばかりしていました。

続きを読む

kage_masa at 09:30コメント(0)トラックバック(0) 

2014年06月19日

犬の認知症は改善する(2)認知症の原因と改善例 3

140428_123838←こんな顔をしていますが、
ちゃんといろいろ
考えて行動しています。
反応は乏しいですが、
それは老化と脳梗塞による
後遺症のせいだと思います。

(画像は2014年4月28日現在のものです。)

“ 犬の認知症は改善する(1) "で脳を理解できたら、
次は認知症の原因は何かを調べると認知症の
改善に何が必要なのか、何をすれば良いかが
わかってきます。それがわかれば、
やるべきことの優先順位もわかります。

では、柴犬景正くんを例に認知症の原因と
何をすれば認知症は改善するかを書きます。続きを読む

kage_masa at 01:05コメント(0)トラックバック(0) 
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 犬の輸血と献血
  • 犬の輸血と献血
  • 犬の輸血と献血
  • 犬の輸血と献血
  • 犬の輸血と献血
  • 犬の輸血と献血
  • 犬の輸血と献血
  • 犬の輸血と献血
  • 【訃報】柴犬景正の友達フレンチブルのべこちゃん


<$HeadSectionCommon$>