2015年02月18日

景正くんの亡骸をみつめる三毛猫はるちゃん

DSCN1486←「もう、起きないのね・・」という感じで
三毛猫のはるちゃんは静かに
亡骸をみつめていました。



三毛猫のはるちゃんにとって死に直面するのは3度目です。
最初は、彼氏だった地域猫のど~もくん。
交通事故で亡くなりました。
突然の死だったため温かい身体が動かない事でパニックになり
お父さん(犬のペルくん)がはるちゃんを押さえつけ、
死を説明し、死というものをその時に理解しました。
そして、2度目の死は育ての親である犬のペルくんです。
仔猫の頃からずーっと一緒で大好きなお父さんでした。
それだけにペルくんが弱る姿をみるはるちゃんは悲しみで
いっぱいでした。亡くなった時は驚きはありませんでしたが、
本当に死んでしまったのだという悲しみは大きかったです。

お父さんの死を癒やしてくれたのが景正くんだったため
はるちゃんにとって景正くんは大好きなおじさんです。
なんとなく病気だとわかっており、弱っていく姿も理解していたため
景正くんの死は覚悟していたようです。

ただ、静かにはるちゃんは死を悲しんでいました。




kage_masa at 22:00コメント(0)トラックバック(0) 
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 犬の輸血と献血
  • 犬の輸血と献血
  • 犬の輸血と献血
  • 犬の輸血と献血
  • 犬の輸血と献血
  • 犬の輸血と献血
  • 犬の輸血と献血
  • 犬の輸血と献血
  • 【訃報】柴犬景正の友達フレンチブルのべこちゃん


<$HeadSectionCommon$>