2015年03月18日

再び長野県飯田保健所から盲目の犬を迎える 3

IMG_1426←飯田保健所が撮った
保護当時の民弥。



景正が亡くなり1ヶ月が過ぎたため、
景正を保護した長野県の飯田保健所に
亡くなった旨を電話で伝えました。
たった2年しか一緒にいれなかったため
報告しておいた方が良いかと
思ったのです。




担当の方が電話に出て、高齢犬だったので
2年生きれたのは十分では、、と
言ってくれました。いろいろお話し、
最後に私が「もし、どうしても
引き取り手のいない犬がいましたら、
年齢、性別、疾患など何も問いません
ので、ご連絡をいただければ
引き取ります。」と言うと、
実は・・・と民弥を紹介されました。
眼がほとんど見えず、少し足が悪く、
斜頸があると・・・。確かに画像をみると
頭を斜めにしています。1組、声がかかり
見に来たようなのですが、
その場で断られたそうで、それ以降、
誰からも声はかからず、
飼い主捜しの期間が
そろそろ過ぎることもあり、
困っていたようです。

私一人で決めることはできないため
一旦電話を切り、
daiと相談し決める事にしました。

翌日、飼うことを話し、お迎えに行く
時期を相談しました。daiとしては、
景正が亡くなって
まだ1ヶ月ということもあり、
お迎えは4月にしたいと・・。
4月から担当の方が県庁に
移動になるということで、
別の方とお迎えの日時の調整を
行いました。

名前は新選組の一人、
民弥という人の名前をとりました。

保健所から教えてもらった民弥の情報は、
散歩が嫌いで犬舎から出ないため
排泄は犬舎内で行っていることと、
食べる時こぼしながら食べるということ、
あとは、血液検査の1項目に
問題があるということでした。
年齢は約2~3歳。雄。


kage_masa at 15:00コメント(0) | 怪我&病気 | 病院 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 犬の輸血と献血
  • 犬の輸血と献血
  • 犬の輸血と献血
  • 犬の輸血と献血
  • 犬の輸血と献血
  • 犬の輸血と献血
  • 犬の輸血と献血
  • 犬の輸血と献血
  • 【訃報】柴犬景正の友達フレンチブルのべこちゃん


<$HeadSectionCommon$>