2013年04月22日

老犬の認知症&発情期による夜鳴きと遠吠え対策 1

130422_0008391 - コピー←被害犬ブルドッグNさん。
「はぁ、もう限界です。
寝てください。お願いします。
寝させてください・・・・。」
午前0時08分。


公園で仲良しになった当時8ヶ月の雌のブルドッグです。
優しくて賢いうら若き乙女です。そんな彼女を
4月21日に1泊2日で預かりました。
丁度この頃、景正くんが近所の発情期の雌に
反応し、遠吠えがひどく困っていたので、
避妊しているとはいえ、雌犬なので一緒にいれば
少しは落ち着くかとも思ったのですが・・・・。
Nさんには可哀想なことをしました。

3月末頃から景正くんの夜鳴きがひどくなりました。
1月4日に保健所から来た時も夜鳴きはあったのですが、
2月頃には猫のはるちゃんの教育の成果とメイベットDCの効果なのか、
夜鳴き(遠吠えのようなもの)がおさまりました。
しかし、3月末頃からまた夜鳴きがひどくなり、
4月に入ったら、夕方から早朝にかけて夜鳴きという
レベルではない遠吠えをし、それも食事もしないほどの
遠吠えになりました。目が何もみていない感じで
ただ吠えていました。吠え続けているので近所迷惑です。
どうにかしないと・・・と思い、サプリメントと雌犬のお預かりも
してみたのですが・・・・。

★遠吠えと夜鳴き対策 《 1 》
【 セントジョーンズウォート(西洋オトギリソウ) 】
*1粒300mgを1/4~1/3の量にして夜寝る前に飲ませました。
中型犬でだいたい100mgを飲ませると良いようです。

130805_1506311 - コピー夜鳴きや遠吠えをどうにかしないと・・・と
思い調べていたら、ドイツでは
犬の不安障害などの精神疾患に
St. John's wortが使われていることを
知りました。


米国でペット用に作られているサプリメントもありました。
そこで、昔米国で購入したSt. John's wortがあったので、
それをピルクラッシャーで砕きドイツや米国のペット用サプリメントの
含有量に近い量にしました。それが、だいたい1回100mgです。
1月に景正くんが来た当初は動物病院に相談をしましたが、
環境の変化もあるだろうとお薬はもう少し様子をみてからと
いうことになりました。そして、発情期の頃も相談したのですが、
お薬を飲んでも遠吠えには効果はないと言われました。
実際に調べても獣医さんのところで出されるお薬を飲んでも
遠吠えや夜鳴きはとまらなかったケースが多かったです。

St. John's wortはヒトの場合、海外では不眠や不安障害で
飲んでいる方が多くいます。日本でもお薬よりは・・・と
飲まれている方が増えています。ヒトの場合は様々な副作用が
あるのですが、犬が飲んだ場合の副作用は・・・。
調べてもわかりませんでした。しかし、効果が同じなら
犬でも副作用は同じではないか・・・と単純に考えるこにし、
とりあえず、発情期による遠吠えを少しでも改善できればと
期間限定で飲ませることにしました。

最初は1粒300mgの1/4の量を飲ませてみました。
夜中に遠吠えしてまったく寝なかったのが、
飲ませてから2時間ぐらいでウトウトし、午前0時から
午前3時までは寝るようになりました。
しかし、発情期の雌犬が増えた時期はこの量では
効果がなく、1/3の量にしました。
22時頃~23時頃に飲ませ、効果が出たのが午前1時頃でした。
長くねても午前4時までで、シーズンまっただ中の時は
午前1時に寝ても午前3時には起きてしまいました。
発情期はだいたい1ヶ月ぐらいです。
その1ヶ月間が3月末から5月頭頃でした。
その間は本当に寝不足でした。どんなに散歩をしても
St. John's wortを使ってもあまり寝ないため大変でした。
そこで“ペットのサプリ。ストレス・むだ吠え”というのを
買ってみました。しかし、、St. John's wort単体ほどの
効果はなく、結局St. John's wortに戻しました。
この発情期の1ヶ月は吠えすぎて下痢気味でした。
一番ひどかった時期は約2週間ですが、
発情期は年2回あるので、この時期の遠吠え対策も
兼ねて認知症改善のサプリは強化するようにしました。
この時期、ドッグランに来る未去勢のオス犬の飼い主さんに
発情期に反応するか聞いてみたら、みなさん反応し、
吠えるといいました。若いオス犬の場合は吠えないよう
躾けをしてなんとか誤魔化しているらしいのですが、
それでも吠えてしまうそうです。景正くんは高齢なので
反応が乏しいかと思ったのですが、そこは未去勢のオス犬。
暴れないだけマシだと思うしかないようです。
秋にはまた発情期がやってきます。またSt. John's wortに
お世話になると思います。飲ませないよりは飲ませた方が
良いので・・・・。


★夜鳴き(遠吠え)対策 《 2 》

< 被害犬Nさんの場合 >

そして、避妊しているとはいえ、
月齢8ヶ月といううら若き乙女のブルドッグのNさんを
2013年4月21日にお預かりしてみたのですが・・・・。

DSCN0603 - コピー←「あのぉ~景正は寝ないのですか。」と
tomoの顔をみるNさん。22時41分のこと。
景正くんは廊下をウロウロしながら、
遠吠えしていました。





DSCN0605 - コピー←「バウ!バウゥ!」と景正くんの
遠吠えに答えるNさん。22時41分。
景正くんは「?」とどこで声がするのか
よくわかっていません。








DSCN0606 - コピー←Nさんと目を合わせようとしない
景正くん。Nさんの前でも遠吠えを
していました。
そして目が座っているNさんが
「・・・・・・」とtomoをちらっと見るので、
「Nちゃん、お願い!もう一度頑張って」と
景正に声をかけてもらうようお願いを
しました。22時42分。




DSCN0607 - コピー←玄関まで行って戻ってくる景正くんに
Nさんはもう一度「バウ!」と一言。
景正くんは「?!」とこちらに
向かってきます。22時42分。








DSCN0608 - コピー←しかし、景正くんは「??」なので
またNさんは「バウ!」と一言。
22時42分。









DSCN0609 - コピー←やっと景正くんはNさんの顔をみて
「何?」という表情。
少しNさんと会話しているような・・・。
22時42分。








DSCN0610 - コピー←しかし、「ふっ!小娘かっ」というような
表情でNさんを無視する景正くん。










DSCN0611 - コピー←完全に無視をする景正くん。
そして、少し落ち込むNさん。。










DSCN0612 - コピー←しかし「バウ!」と
声をかけ続けるNさん。
さすがにNさんの声が気になる
景正くん。22時43分。









DSCN0613 - コピー←少し下がり、Nさんを見る景正くん。
会話しているような・・・・。










DSCN0614 - コピー←どうやら会話をしていなかったのか、
何か言われたのか
わからないのですが、
落ち込むNさん。
そして、遠吠えする
景正くん。。22時43分。






DSCN0615 - コピー←「はぁ・・・」と疲れ果て
睡魔に襲われるNさん。





DSCN0616 - コピー←しかし、景正くんの
遠吠えに起きてしまう
Nさん。本能のままに
吠えているので目が
何も考えていない景正くん。
22時44分。

BlogPaint←Nさんと景正くんの
様子を見にきたdai。
「Nちゃんでもダメだったみたいだね、
3階まで景正の吠えている声が
聞こえるよ。」と。
この後、daiが景正くんの散歩へ
行く準備をしていたら、
Nさんも一緒に行くというので
2匹を連れて深夜の散歩へ
行きました。22時45分。


しかし、、、30分散歩しても景正くんは寝ず、遠吠えばかり・・。

130422_000821 - コピー←「・・・・眠いわぁ」と
立ったまま居眠りをする
Nさん。でも、景正くんの
遠吠えの声に起きて・・・。



130422_0008391 - コピー←「眠れない・・・。お願い、
  寝させて・・・。
  もう、限界・・・。」とうつろな目で
  Nさんは訴えてきました。
  午前0時08分。



tomoはNさんを抱きしめ、何度も謝り、一緒に「眠いね・・・」と
お布団の上で景正くんの遠吠えを聞いていました。

避妊しているとはいえ、若い雌犬です。
少しは落ち着くかと思ったのですが、
未去勢の景正くんからすると避妊した雌犬は
子供にしかみえないようで、Nさんの声も言葉も
届きませんでした。Nさんは頑張ってくれたのですが・・・。

もちろんこの日もSt. John's wortを夜飲ませました。
この日景正くんは午前3時頃に一旦寝て、
午前5時頃に起き、また遠吠えしていました。
Nさんはその都度起きて上のような顔になりました。

気の毒で可哀想でした。
夜鳴きや遠吠えはヒトだけではなく、犬も辛いようです。



kage_masa at 00:00コメント(0)トラックバック(0) | 景正(室内) | サプリメント 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 犬の輸血と献血
  • 犬の輸血と献血
  • 犬の輸血と献血
  • 犬の輸血と献血
  • 犬の輸血と献血
  • 犬の輸血と献血
  • 犬の輸血と献血
  • 犬の輸血と献血
  • 【訃報】柴犬景正の友達フレンチブルのべこちゃん


<$HeadSectionCommon$>